2015年 09月 20日

「松本寛司 木工展」は23日までです

松本寛司さんのアトリエは、大きな海の近くのとても気持ちのいい場所にありました。
そのアトリエで、松本さんがひとつひとつ丁寧に彫り上げた、木のお皿やカッティングボード、カトラリーたちを、この機会にぜひご覧いただきたいと思います。

楢の木や栗の木のお皿には、パンやサラダ、果物やお菓子などを自由に盛りつけてください。
楢の木はずっしりとした重みが心地よく、栗の木ははっきりとした木目が魅力です。

カッティングボードは、パンや果物を切るまな板としてお使いいただけるだけでなく、オードブルやサンドイッチ、おにぎり等を盛りつけるプレートとしても活躍します。

カトラリーは、木の肌そのままのものと、漆を塗ったものがございます。
木の肌のものは松本さんの彫り跡が柔らかく、漆の物は滑らかな口当たりが自慢です。

「松本寛司 木工展 食卓の風景」は、月曜日も休まず連休最終日の9月23日(水/祝)まで開催いたします。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。



c0244411_149971.jpg




c0244411_14124196.jpg




c0244411_14111621.jpg

[PR]

by nara-uemachi | 2015-09-20 14:35 | うつわ・暮らしの道具


<< 10月のカレンダー      「松本寛司 木工展」4日目です。 >>