2014年 04月 10日

亀田大介さんの展覧会まであと9日

亀田大介さんの展覧会まで、あと9日になりました。
私たちがこの店を始める前から展覧会のお約束をしていて、
ようやくその日がやってきます。

亀田さんは1975年福島県生まれ。
浪江町に300年の歴史をもつ大堀相馬焼の窯元「松助窯」の4代目です。
2011年の震災による原発事故で神奈川へ。
そして2013年の春、大分県の別府へ移住され新しい工房を構えました。

私たちは今年2月、亀田さんの工房を訪ねました。
工房は山の中腹にあり、そこからは、まだ雪が残る扇山が、
そして青く輝く別府湾を望むことができました。
晴れた日には、海の向こうに四国が見えるそうです。

c0244411_11394183.jpg


c0244411_11371781.jpg


白磁、灰釉、粉引。
亀田さんの器は、どれも骨太で力強く優しい器です。
それはもちろん、亀田大介さんの人柄そのままです。

展覧会『亀田大介のうつわ』は4月19日(土)から27日(日)まで。
19日は、亀田さんが在廊してくださる予定です。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
[PR]

by nara-uemachi | 2014-04-10 11:40 | うつわ・暮らしの道具


<< はじめましてnikhaknarです      明日から3日間お休みさせていた... >>