2013年 11月 26日

畠田光枝陶展「南蛮焼締のうつわ」明日で折り返しです

23日の土曜日から始まりました畠田光枝さんの大阪での初個展も明日で折り返しを
むかえます。



c0244411_22152422.jpg





畠田さんのうつわはご自身が作られた薪窯で、主に宮崎の土をつかって、
釉薬をかけずに5日間かけてじっくり低音で焼き上げて作られます。




c0244411_22153234.jpg





それぞれに表情があるのは、灰をかぶったり、うつわを重ねる時に使うもみ殻のあとだったり、
ひとつとして同じものはないのです。





c0244411_2223073.jpg






そばちょこひとつとっても、表と裏で全く違う表情を見せてくれるのです。





c0244411_22233275.jpg



c0244411_22235958.jpg






その時、その窯でしか作れない唯一無二のやきものなのだと思います。
そして、畠田さんの作られるやきものは畠田さんそのもののようなまっすぐで
素直で気持ちのいいものだと私は感じています。
ぜひ会期中にたくさんのうつわを見ていただけたらと思います。




畠田光枝 南蛮焼締 わん
小つぼ
そばちょこ 3,000円












ブログに掲載しております商品は、一部を除き通信販売・お取置きを承ります。
通信販売のご注文方法についてはこちらをご覧ください→
詳細はお気軽に電話またはメールでお問い合わせくださいませ。

ご注文はこちらからどうぞ→
[PR]

by nara-uemachi | 2013-11-26 21:59 | うつわ・暮らしの道具


<< 明日は 畠田光枝陶展 そして ...      畠田光枝さんの大鉢 >>