2012年 03月 11日

kubuさんからの贈り物

kubuのお2人から嬉しい開店祝いをいただきました。
開店に間に合うように、少し早めにくださったのです。

先日はbici terminiの宮っちさんが店にいらっしゃって、
温っかいコーヒーを差し入れてくださいました。

いつもありがとうございます。
皆さんと一緒に、上町・谷六を盛り上げていけるように頑張ります。

c0244411_21294260.jpg

[PR]

# by nara-uemachi | 2012-03-11 21:46 | 日記
2012年 03月 09日

大迫友紀さんのガラス

大迫友紀さんに初めてお会いしたのは金沢にある牧山ガラス工房でした。
ガラス作家の井上美樹さんを訪ねて金沢旅行した際に、井上さんに工房見学にお連れいただいて
大迫さんをご紹介いただきました。

その後、クラフトフェアまつもとや灯しびとの集いなどのクラフトフェア個展にうかがって、少しずつ
作品を購入させていただきました。
大迫さんのおつくりになる作品は本当に手が込んでいて、ひとつの作品が出来上がるまでに
大変な時間と労力がかかるということが、素人目にもとてもよくわかります。
またひとつひとつにガラスの違った表情があり、ずっと眺めていたくなります。
使いやすさも抜群で、特にグラスはいつもの飲み物がぐっと美味しく感じられるのです。

c0244411_2352295.jpg


お店のオープンに当たってお願いしたものの中には、大迫さんが10枚のお皿を全て柄をかえて
作ってくださったり、新しい色で作ってくださったものもあります。
私の大好きないろでとても嬉しい驚きでした。
大迫さん、ありがとうございます。

c0244411_2384564.jpg


また、他の作品もご紹介していきたいと思います。


大迫友紀さんのホームページです→
こちらは制作にまつわるブログです→
[PR]

# by nara-uemachi | 2012-03-09 23:05 | うつわ・暮らしの道具
2012年 03月 07日

石岡信之さんのうつわ

1階の暮らしのギャラリーの構成を考える上でどうしてもやりたかったのは
それぞれの地でひとつひとつ丁寧に作られた器です。
クラフトフェアや陶器市などに通い、作家さんとお話しをして、自分でも購入して
器を使ってみて本当にいいなあと思える器をご紹介したいと思いました。

石岡信之さんの器は益子陶器市で知りました。
初めて購入したのは線刻の湯呑と花小鉢です。

湯呑は、ほど良い大きさでとても使いやすくて、高台がしっかりあって持った時に
熱くないのがとてもいいです。

c0244411_12301823.jpg
sold

花小鉢は他の器やお料理と合わせやすくて、サイズも本当に絶妙だと思います。
深さがあるので汁気のあるものも大丈夫なところがさらにいいところです。

c0244411_12341810.jpg
sold

石岡さんのおつくりになる器は、ご自身の誠実でとても話しやすく愛嬌のあるお人柄が
とてもよく出ていて、日々の暮らしに溶け込むうつわだと感じています。
[PR]

# by nara-uemachi | 2012-03-07 12:30 | うつわ・暮らしの道具
2012年 03月 06日

いちばんのり

1階の暮らしのギャラリーのスペースで取り扱うのは、器・かごやざる、布もの
などの
暮らしの道具・大人と子どもの洋服とエプロン・リングやネックレスなどのアクセサリー
そして麻ひもで編んだバッグなどです。

2年ほど前から、作家さんを訪ねたり展示会を見てまわったりしながら、本当にいいと
思うものを選びました。

それぞれに思い入れのあるモノたちの中でいちばん最初に届けてくださったのが、
omameのバッグです。
omameのバッグは麻糸や裂き布などの天然の素材を使って丁寧に丁寧に編まれています。
編目もとても美しく、魅入ってしまいます。

c0244411_17572767.jpg


実際に使ってらっしゃるバッグを見せていただきましたが、くたっと馴染んだとてもいい
風合いが出ていて、育てる楽しさもあるんだと思いました。
作り手の真っすぐで優しい美しさがそのまま表れたとてもいいバッグです。
[PR]

# by nara-uemachi | 2012-03-06 17:56 | 服飾
2012年 03月 03日

naraというお店の名前

naraという名前は、楢(ナラ)の木からもらいました。

森の中の、ナラの木を想像してみます。
ナラの木になるどんぐりの実は栄養豊富で、鳥や鹿や熊が食べにやってきます。
幹から沁みだした樹液に、カブトムシやスズメバチやチョウが集まります。
落ちた葉は、土に還って草木の栄養になり、川に還って川の生きものの栄養になります。
その幹は丈夫で水分が多く、長持ちする家具や器になります。

そんな森の中のナラの木のように、私たちのお店が、皆さんの暮らしのお役に立ち、楽しんでいただける場所になれたらと願ってnaraという名前をつけました。


c0244411_1995936.jpg

[PR]

# by nara-uemachi | 2012-03-03 19:12 | naraについて